パソコンなどのブルーライトによる目の疲れに効く対処方法や改善方法について

目の疲労やかすみの改善や対策にはビルベリーやクロセチンが含まれたサプリメントが効果テキメンです。

ビルベリーやルテインの効果によって眼精疲労やかすみが改善されるだけでなく、ブルーライトなどの有害な光から目を守る効果にも期待する事ができるからです。ドライアイの原因は眼精疲労、コンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)の悪影響、寝不足や疲労、スマホなどの強すぎる光による目へのダメージなど各種の原因によって引き起こされています。

御勧めの改善方法は目をしっかりと休めること、目を使いすぎないこと、スマホなどの画面を見すぎないことが効果的ですが、プラスαで目のサプリメントを利用するのも効果的です。
スマホ老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)は近距離でスマホを見続けることで、老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)の症状と同様にハッキリと物を見ることができなくなることを言います。

一時的に老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)のような症状になることが多いですが、その頻度が多いと老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)の症状のまま元に戻すことができなくなることもあります。

目の疲れは目を10分間温めたり、目薬で癒やしたり、目をしっかり休ませることで改善できますが、アイケアサプリでゼアキサンチンなどの栄養素を摂取することでより効率よく症状を緩和することができます。

ルイテインは水晶体や黄斑で役割を果たしていて、抗酸化作用によって老化を防ぐ効果や有害な光から目を守るはたらきをしていますが、足りなくなることでその効果は低下して白内障や加齢黄斑変性症への病気になることがあります。世間的にビルベリーが眼に効くと認知されるのは、目の健康に良いアントシアニンが沢山入っているからです。

ブルーベリーにもアントシアニンが含まれていますが、ビルベリーの方がアントシアニンが豊富なことから現代ではブルーベリーよりもビルベリーの方が話題を呼んでいます。スマホ老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)を防ぐには1時間に1回の感覚で適度に休憩を入れてスマホをずっと見ないように注意したり、スマホを見る時は画面を見る距離には注意して近すぎる距離で見ないこと、スマホの光の強さを落として目への負担を軽減させるのも一つの手段です。ルテインはスマホやタブレットから出る目に有害な光から目を守るだけでなく、歳を取ることで酷くなる老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)の度合いを抗酸化効果によって緩和させるはたらきにも期待することができます。

スマホやPCが出す光は人の目にはすごく強くて支障をきたす光りです。でもルテインは強すぎる光を受け止めて目を危険から守る役割を発揮して目を守ってくれます。ゼアキサンチンはルテインと同じような効果を果たします。というのも、ゼアキサンチンとルテインは同じもので、ゼアキサンチンはルテインから創られたものになります。だからゼアキサンチンは効能に関してもルテインととても似ています。よく読まれてるサイト⇒パソコン 眼精疲労 サプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です